「僕より先に死んではいけない」関白断言に思う

出勤に向かう車中でラジオから流れてきた

さだまさしの「関白保証」
ミッシリ渋滞当事者の車中で流れてきたもんだらかたまらない
ボクは40価格2児の女性
高校生時代にお社交した亭主は、結婚して16階級眼を迎え、交流時を入れるといった
ざっと27階級連れ添っている。
関白保証は、私の世代によって大変上の世代に流行ったフォークソングになるかとおもうが
ちっちゃいあたりからよく聞いていた経験がある。
しみじみ歌詞を噛みしめてみると、激しい歌ですなぁってこういう年になってわかってきたように思う。
若い時は、独り占め志望の力強い制約男の歌だと思っていたけど、まだまだ違うような気がした。
私も今の亭主は、ボクが好きになり猛アタックの末に付き合ってもらい、長い交流を経てのブライダルとなった。
従来を振り返りながら歌詞を聞くと後述は涙涙です。
キッズが育って階級をとったら
己より先に死んではいけない
たとえば少し一年中も素晴らしい
己より先に逝ってはいけない
何も取り除ける己の作戦を握り
涙のしずく2つ以上こぼせ・・・
と貫くのだが、恋愛とブライダル身の回りとでは、情愛の変容に気づく時間がくる。
千差万別の恋愛と、一生添い遂げるというマインドの情愛とではとても違うことに勘づく。
二人の乳児が成長し親元を離れ、アベック二人の身の回りを行く先むかえることになる。
「お前のお陰で嬉しい宿命だった」といった、言ってもらえるような身の回りを送りたいものだ。
ブライダル身の回り16階級眼、大きなケンカもなくファミリー仲良く暮らせて要る好運。
こういう好運がこれからも貫くものだと思っている(願っている)。
が、ただし「好運は長くは途切れる」というよく言う…。
お天道様一日を大切に、平凡こそが幸せって噛みしめながら生きていきたい。
「愛するお母さんはお前ただ単独」といった言わせてやりたい。
男子これからも宜しくね(笑)
今一度、「関白保証」の歌詞を一読やる。iPhone6SEでドコモかAUの人ならソフトバンクに乗り換えた方が良い